topics

4年生 社会

2017年07月06日

4年生は、社会科の学習で中城村、北中城村のごみ処理施設「青葉苑」へ見学に行ってきました。

SONY DSC

 

ごみ処理の仕方や流れなど、施設見学を通してとてもわかりやすく説明してもらいました。そして、ごみ処理施設はごみを減らすため、そして、健康な暮らしを保つために必要な働きをしていることを教えて頂きました。

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

最後の質問コーナーでの、「一番危険なごみは、きちんと分別されていないごみ」だということと、施設の方の「ごみ処理の仕事はみんなの健康な生活に直結する大切な働きなので、責任感をもって働いている」という言葉が非常に印象的でした。

以下児童の感想
「ごみは汚くて、臭くて、危険なものもあるのに、みんなの健康のために働いていることにイエス様の愛を感じました。」
「ごみの分別に努力して、沖縄の自然を守りたいです。」
「これからは壊れたものを直して大切に使いたいです。」
ごみを分別することが大事だということをまだ知らない人に教えたいです。」
ごみを減らすこと、分別することの大切さを実感できた貴重な学びとなりました。

沖縄三育小学校は、「少人数制」で「コミュニケーション力」と「思いやりの心をもった」「国際人」を育てる、

沖縄県・中南部の教師全員がクリスチャンの私立小学校です。