topics

オオゴマダラ 羽化 2年生

2021年05月26日

今日、2年生教室の虫かごの中でさなぎになっていたオオゴマダラが無事に羽化していました!

 

さなぎになってから2週間ほどたっていて、「そろそろじゃないか」「もう死んじゃったのかな」など

毎日子どもたちは気にしていたので、登校して羽化した姿を見た時は大喜びでした!

S__19120132

 

 

お昼ごろにさなぎにまだついていたオオゴマダラが降りたち、羽をばたつかせていたので、

5時間目にみんなで自然に返しに行きました。

 

返す前に近くでよーく観察。

 

3A4E9E50-6123-4B88-BF97-C8FF8116B79A-L0-001 7C8A3133-3390-4CE7-94DD-1B6366AA8F6E-L0-001

 

卵から幼虫、さなぎ、そして成虫の姿と、全く違う形に姿を変えて成長してきたことを振り返り、神様の造られた自然の神秘と

素晴らしさを感じることができました。

 

自然に返す前には、みんなで円になり、オオゴマダラのことを子どもたちの言葉でお祈りしました。

「元気に飛び立てますように」

「ほかの虫に食べられませんように」

38E46A66-8E5C-4CFA-A3C0-E97D3DB21669-L0-001

 

飛び立つところが見たかったのですが、葉っぱに移しても、励ましても、「みんなに注目されて恥ずかしいのかも」と少し離れてみても飛び立つ様子がなかったので、お別れを告げて教室に戻りました。

6A2D8C7D-911F-4FC7-8B14-D98C5F7FEACF-L0-001

3D3BFB7A-C0EC-4096-A051-55C20EF1CBBE-L0-001 D8410092-3E51-49BA-9776-34237EE662B9-L0-001

 

元気に飛んでいる姿を見せてくれることをまた楽しみにしています。

 

「主よ、御業はいかにおびただしいことか。あなたはすべてを知恵によって成し遂げられた。

 地はお造りになったものに満ちている。」詩編104:24

 

沖縄三育小学校は、「少人数制」で「コミュニケーション力」と「思いやりの心をもった」「国際人」を育てる、

沖縄県・中南部の教師全員がクリスチャンの私立小学校です。