topics

お手紙紹介♪

2020年09月08日

今週、6年教室に隣の教室の1年生から素敵なお手紙が届きました。

朝の会に、6年生にそのお手紙を紹介しました。

IMAG1601

 

「このまえは、6年生教室で一緒に授業を受けさせてくれてありがとうございました。

先生も、6年生のお兄さんやお姉さんもとてもやさしくて嬉しかったです。ありがとうございました。

今度は休み時間に、6年生教室にまた遊びに行きたいです。」

 

実は、この素敵なお手紙をくれた1年生は、先週の朝、学校に来た時に、お家の人と離れるのが寂しくなってしまい、保健室で泣いていました。

その子に、6年生の数名の児童が気づき、声をかけ、6年教室に連れてきて、一緒に授業を受けたということがあったのです。その子は、しばらしくして元気を取りもどり、途中から無事に1年教室に戻ることができました。

 

困っている下級生や泣いている下級生に、上級生が声をかけ手助けするというこのような出来事を三育ではよく見かけます。

 

今回その1年生に声をかけ、手助けしてくれた6年生も、自分たちが低学年のころに上級生のお兄さんお姉さんに助けられた経験があるのです。

「何事でも人々からしてほしいと望むことは人々にもその通りにせよ」という校訓の実践が、代々の1年生と6年生との間で受け継がれ、三育のよき伝統となっています。

 

今日も休み時間に、その1年生の子は、6年教室に遊びに来て、6年生と楽しく交わっていました。

 

沖縄三育小学校は、「少人数制」で「コミュニケーション力」と「思いやりの心をもった」「国際人」を育てる、

沖縄県・中南部の教師全員がクリスチャンの私立小学校です。